10/5(金)「バリデーション」勉強会をおこないました。
 「バリデーション」第一人者の関西福祉科学大学准教授 都村尚子さんを講師に迎え、介護・看護・PTの各スタッフに加え、ホームヘルパー養成講座の受講生やご入居者のご家族様にも参加いただきました。
 2時間弱の講演では、認知症の高齢者とのコミュニケーション方法や、バリデーションの基本テクニック、他施設での取組みなどを学び、約70名の参加者からは「今までの考え方が大きく変わった。」「認知症の方の気持ちを考え、受け入れることは大事。」「分かりやすかった。今後の対応に活かしていきたい。」等の意見が聞かれ、身の引き締まる非常に有意義な勉強会となりました。
 
バリデーションとは?  アルツハイマー型認知症及び、類似の認知症の高齢者とのコミュニケーションを行うための方法のひとつ。認知症の高齢者に対して尊敬と共感をもって関わることを基本とし、お年寄りの尊厳を回復し引きこもりに陥らないように援助するコミュニケーション法。
c0145725_18175681.jpgc0145725_1818108.jpgc0145725_18182551.jpg
[PR]
by fineforest | 2012-10-09 18:20 | ○イベント情報
このページのトップへ戻る
<< スマイル通信2012年10月号 ふくろうカレンダー10月 >>